仰星グループについて

メンバー紹介トップへ

里見 優

summary of career 略歴・プロフィール

太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)を経て、2008年に仰星監査法人に入社。上場企業の法定監査を中心に、公開準備会社に対するコンサルティング、国立大学の法人化コンサルティング、国立大学法人等の法定監査などを実施。現在は大阪府包括外部監査人であり、また、大阪事務所の国際業務を担当している。

趣味は車。とにかく速い車が好きで結構な数を乗り継いできた。また、最近弓道を始めた。休日は、できる限り子どもと一緒に過ごすようにしている。

平成元年11月
公認会計士試験(2次試験)合格
平成5年3月
公認会計士登録
平成20年4月
大手監査法人を経て仰星監査法人入所

member profile

パブリックセクター業務歴10年まずは、その会社を好きになるところから

里見 優 Masaru Satomi

大阪事務所 社員 公認会計士
日本公認会計士協会近畿会社会公会計委員会委員
平成20年4月入社

osaka 大阪事務所

仕事をする上での信条

とにかく、会社を好きになることです。私は常々、監査する公認会計士とクライアントは男と女である、と考えています。また、実際にクライアントにそうお話することもあります。相手に好かれるためには、監査人は全力でサービスを提供する必要がありますし、クライアントは監査に十分協力し情報提供する必要があります。私たちがクライアントに好かれれば、より有効な情報が提供され、クライアントが私たちに好かれれば、監査で必要なサービス以上にクライアントに貢献しようという意識が高まるからです。このようにお互いが監査を大切に思い、相手に好かれている監査現場は、とても充実して楽しいものです。

得意とする業務領域・分野

自分としては、何でもそれなりにこなす自信はありますが、仰星監査法人内部での役割を含めていうと、やはりパブリックセクター(公的機関)ということになります。2002年から国立大学の法人化コンサルティングに携わったことから、パブリックセクター業務に10年の経験がある数少ない会計士だと思います。パブリックセクターにおけるクライアントは当然ながら営利企業ではありませんし、また、公務員の方々とご一緒することもありますので、民間企業に対するのとはひと味違う楽しさと苦労があると思います。

仰星監査法人の強み

一言で言うなら、精鋭の集まりである、ということだと思います。先輩方を見ていますと、皆さんとても知識が深く、また、物事を深く考えられます。特記すべきことは、これが特定の狭い分野に限られていないということで、広く深くというところが本当にすばらしいと感じています。私を含め後輩たちは、先輩方の姿勢を受け継ぐことによって、仰星監査法人全体として、各人の能力が高まっていると思っています。

ホームページをご覧の皆様へ

業界ではとても名前が通っておりますが、一般的にはまだまだ知名度が足りませんので、この監査法人で大丈夫か、というご心配もあるかと思います。しかし、そのご心配は無用です。非常に質の高い業務を皆様にご提供できると自信を持ってお伝えできます。

information 事業所情報

お問い合わせは下記までお願いします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Page Top