仰星グループについて

メンバー紹介トップへ

小出 修平

summary of career 略歴・プロフィール

朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)を経て、平成18年に仰星監査法人 名古屋事務所に入社。主に上場会社の法定監査に従事する中、内部統制コンサルティング業務、上場準備コンサルティング業務などについての実績を持つ。

趣味はお酒を飲んで良く寝ること。意外とストレスの多い仕事なので、ストレスは寝て解消!それだけでは物足りなく、数年間やっていたテニスをそろそろ復活させようかと思う今日この頃。

平成10年10月
公認会計士試験2次試験合格
平成14年5月
公認会計士登録
平成18年9月
大手監査法人を経て仰星監査法人入所

member profile

新鮮な気持ちを忘れずに15年の監査業務経験で様々なアプローチ

小出 修平 Syuhei Koide

名古屋事務所 社員 公認会計士
平成18年9月入所

nagoya 名古屋事務所

仕事をする上での信条

仕事は同じことを繰り返してしまうと自然とつまらなくなってしまうものだと思います。逆に同じ仕事でも改善したり新しいことに挑戦したりすることで楽しさは生まれてくるものだとも思います。私は仕事を楽しくすることも、つまらなくしてしまうのもすべて自分の問題だと思っています。仕事を楽しくしていくことを常に心がけながら、できるかぎり新鮮な気持ちを維持しながら仕事をしていくことが私のモットーです。

得意とする業務領域・分野

監査業務をもう15年(!)もしていますので、監査業務が得意な業務領域ということになると思います。監査業務と一概に言っても、やる人のスタンスによって色々なアプローチがあるものだと思います。緻密に積み上げていく人、全体を把握して気になる点からつぶしていく人、会社の方とのヒアリングを重視する人、資料をじっくり見る人等々。私自身は、ヒアリング重視で全体を見るようにして業務を行っています。私は会社のやっていること自体に好奇心が強いので、そういった側面からのアプローチは比較的得意かもしれません。

仰星監査法人の強み

メンバーの顔が見られる規模と、基本的に(遠慮なく)色々なことを話すことができることが一番の強みだと思います。また、メンバー間の信頼関係が強いように感じています。そして、この組織風土から出てくる雰囲気はクライアントにも伝わっており、クライアントとのコミュニケーションが無意識のうちに多くなり、良好な関係作りが得意な点が仰星監査法人の強みにつながっていると思います。また、個々人の独立した意識が強いので、人任せにせず、興味をもったことは自らどんどん進めていける人が多いのが重ねて強みになっていると思っています。

ホームページをご覧の皆様へ

自社のことをどんどん教えて頂き、また難しい問題についても、忌憚なく意見交換ができるような関係の監査を求めているクライアントに、信頼感のある監査を提供したいと思っております。情熱の監査法人というのは実に当法人にあった言葉だと思っております。現在のスピードが速く複雑化しているビジネスの中で複雑化・高度化する問題を熱い気持ちで応えていきたいと思います。

information 事業所情報

お問い合わせは下記までお願いします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Page Top